☆ Blackjack Rule ― ブラックジャック ルール ―

ブラックジャック世界で最も普及台数の多いテーブルゲームがこのブラックジャックです。

ルールは、カードの絵札を全て10点、「A(エース)」を1点または11点として数え、手持ちのカードの点数勝負で21点を超えない範囲でデーラーに勝てば賭け金と同額(1 to 1)の配当が得られるというものです。

21点を超えてしまうとバースト(Bust)となり、賭け金は没収されてしまいます。

このゲームで最も強い手札は「Aと10点札」の組み合わせで、これを「ブラックジャック」と呼び、特別に賭け金の1.5倍(3 to 2)の配当がもらえます。

現在行われているブラックジャックの殆どが6組以上のカードを混ぜ、シュー(Shoe)と呼ばれる専用の箱に入れてゲームを行います。このようなゲームスタイルを「シューゲーム」(Shoe-Game)と呼びます。

しかし、ラスベガスでは未だ旧来の1~2組のカードで行うスタイルも残っており、ディーラーがカードを手に持って配ることから「ハンドヘルドゲーム」(Handheld-Game)と呼ばれます。
ゲーム自体は全く同じですが、ハンドヘルドの方がカードの総数が少ない分ルールも厳しく設定されています。

ルール

1. 先ず、各プレイヤーに2枚ずつカードが配られます。
ディーラーにも2枚のカードが配られますが、1枚は伏せられています。

2. プレイヤーは、ディーラーの点数を予想しながら自分の点数を作り、最終的にディーラーと点数を勝負して勝てば配当がもらえます。
ただし、「21点」を超えてしまうと「バースト」となり、その場でチップとカードを回収されてしまいます。

ブラックジャック ヒット3. プレイヤーは、「21点」を超えない限り何枚でもカードを追加することができます。カードを追加する場合を「ヒット」といい、カジノでは “軽くテーブルを叩きます”。
逆にカードがいらない場合は 「スタンド(ステイ)」といい “手を横に軽く振ります”。

カードの点数と数え方

「2~10」のカードはその数字を点数とし、「J,Q,K」は全て「10点」と数えます。
「A」は「1点」ですが、「11点」と数えることもできます。
2枚のカードの点数を足して、合計の点数を競い合います。
最初に配られた2枚で、「A」と「10,J,Q,K のどれか」の組み合わせができると、
これを特別に「ブラックジャック」と呼び、ボーナスとして「1.5倍」の配当がつきます。

◇ ダブルダウン
  3枚目のカードをヒットする際、賭け金を追加して倍額で勝負できます。
  その代わり、どんなカードが来てもその1枚しか引けません。

◇ スプリット
  最初に配られたカードの数字が同じ時、カードを2枚に分けて勝負できます。
  但し、賭け金と同額を追加しないといけません。

◇ インシュランス
  ディーラーのアップカードが「A」の時、インシュランス(保険)を掛けることができます。
  ディーラーがブラックジャックの場合賭け金はそのまま、ブラックジャックでなければ
  インシュランスベットのみ回収されゲームは続行します。

◇ サレンダー
  カードを追加する前に勝負を棄権することができます。この場合、賭け金の半額が
  没収されます。ハンドアクションは、人差し指で横に線を引きます。



登録方法→