「TVタックル」で、カジノ特集で「パチンコのほうが害悪」

カジノ特集

6月1日、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」で、「カジノは日本を救う!? 滅ぼす!?」というテーマで、賛成派と反対派が激論を交わしていました。

番組では、
・2020年「東京オリンピック」の開催に連動して、カジノを解禁する方針で、現在カジノ合法化に向けた関連法案の成立を目指している。
・カジノが解禁されることで、経済効果アップ、雇用創出、外貨獲得などのメリットもある。
・犯罪者及び自殺者の増加、ギャンブル依存症などデメリットの部分もある。
などと、カジノに関して紹介されました。

 

ネット上では、
・「カジノどうのこうの前に、パチンコを撲滅するべきでは?」
・「カジノは結構 その代わりにパチンコ潰せよ」
・「パチンコのほうが害悪」
・「カジノはいいけど、パチ屋潰せよ」
・「パチンコを禁止にしてカジノを作ろう」
とカジノよりパチンコを批難する声が噴出。

 

番組内で実際にルーレットカジノを体験したビートたけしは、
「今これだけ負けても楽しんだからいいじゃないかっていう。わきまえる人がちゃんといればいいけど…」
とやや賛成派寄りだったが、
「博打で損した金は、博打で取り戻そうという根性になるとダメだよね」
と不安な点も指摘した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA