日本のカジノ導入の有効性 no.06

カジノの有効性

パチスロの客がカジノのスロットへ流れないか?

カジノでスロットをやったことのある人なら簡単に分かると思いますが、日本のパチスロとカジノのスロットでは全くシステムが違っていて、「6段階の設定」で当たりを出すパチスロに対して、カジノのスロットはくじ引きのような「RNGシステム」を採用しているので、パチスロファンにとっては、目押しのきかない機械任せのスロットを好んでは打たないと思います。

従って、パチプロやスロッターがカジノに流れるとは考えにくいですね。

未成年者への悪意影響や外国人観光客の増加による治安の悪化について

カジノは、ディーラーと対峙して行うコミュニケーションゲームなので、ゲームに参加するゲストには必ずIDチェックを行い、未成年者の参加を未然に防ぐことを義務づけられています。

また、韓国やシンガポールのようにカジノフロア自体に入場制限をかければ、未成年者や不適格者をカジノから排除できます。

そして、外国人観光客の増加による治安の悪化については、カジノを住民生活地域から遠く離れた過疎地や人工島に設置するなど、地域住民から隔離できる場所に作ることで防げると思います。

東京ではお台場が候補地として挙がっていましたが、その他大阪では南港地区の夢州、千葉や愛知では空港近辺、北海道や沖縄などが有力候補地だと思います。

住民のコンセンサスの獲得について

カジノという日本では負のイメージが強い娯楽ビジネスを、自分たちの地域に日本初として導入するのは誰でも不安だと思います。

しかし、不安要素への対策を明確にするとともに、教育や医療などの福祉充実、さらには東北震災の復興支援などの目的をしっかり説明することで、カジノ導入の有効性を理解してもらうことが大切です。

カジノ法案が具体化した段階で、住民に向けた「シンポジウム」を開催して、カジノに対する勉強の場を提供するべきだと思いますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA