日本のカジノ導入の有効性 no3

カジノ導入の有効性 no3

日本でのカジノ導入は、単に「もう一つ娯楽ギャンブルを創ろう」というものではありません。
経済効果、雇用効果を生み出す観光産業の一つとして位置づけられています。

雇用が増え、外国人観光客が増え、税収が増えることで、それらを有意義に遣って国民みんなで豊かになろうという構想なのです。

地域経済の活性化による税収確保

カジノは、観光客が増え、雇用が増えることで地域経済を活性化できる起爆剤と考えられています。

2009年に沖縄県がまとめた調査報告書では、カジノ導入による年間売上は2,000億円以上とし、県と市町村への収益分配は約270億円と試算されています。

また、波及的源泉の税収効果としては、700億円以上と算出されています。
今年に入って県は、経済効果の試算を8,974億円から最大で5,197億円へと下方修正していますが、いずれにせよ大きな収入源になることは間違いありません。

消費税の増税は、国民の末端から絞りとる行為で、今の不景気では国民を苦しめるだけに過ぎず、返って消費行動の減退につながります。
それなら思いきってカジノを導入して、一般の方はそれなりに、外国人や富裕層の方にはちょっとだけ多めに使ってもらったお金から税収を作る仕組みを作ってもらいたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA