カードの秘密no.2

カードの数字に秘められたエピソード

カードの数字に秘められたエピソード

カードの誕生には、中世の占い師が深く関わっているということなので、統計学や四柱推命のように当然数字にも深い理由があると思います。

カードは、それぞれ 13個の数字と 4つのスーツからできています。 
つまり 「13×4=52枚」。
これが一年の「52週間」を表しているといわれています。

さらに、カードの数字を全部足した数にも秘密が隠されています。
「1+2+・・・+13=91」 に4つのスーツがあるので 「91×4=364」。 
これにジョーカー1枚を加えると「365」。
つまりカードの数字の総数は「一年の日数」を表しているのです。

また、一つのスーツの「1~13」を足した「91」は、一つの「季節の日数」と一致し、
スーツは季節を表すとも言われています。

今でいうタロット占いの起源のようなものがカードだったと考えられますね。
確かに今でもカードを使って占いをする人もいますよね。

それがいつしか、ゲームとして遊ばれたりマジックとして使われるようになった訳です。
このカードひとつでたくさんのゲームが遊べるんですから、万能アイテムといえるでしょう。

そして、世界中のカジノでは、日夜多くの人々がこのカードに一喜一憂しているんですね。

 ※このブログはGoogle Bloggerで以前にアップしていた記事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA