6月14日の阿部総理と橋下市長との「2+2会談」の密約説

2+2会談

6月14日自民党・阿部総理、菅官房長官。維新・橋下市長、松井府知事との「2+2会談」。

多くのメディアは、一斉に「安保法案で協力要請か」と報じた。

与党党首が維新に法案への協力を求める場合、本来、党首である松野頼久・代表と会談するのが筋である。

橋下氏は維新の最高顧問とはいえ、国政に議席を持たない市長であり、しかも政界引退を表明している。維新の党の国会議決について責任を負える立場とはいえない。

7月上旬にずれ込む公算が高い衆院での安保法案採決の際には、自民党と公明党による強行採決が予想されている。

安倍首相にすれば、維新の一部の議員が採決に出席するだけでも強行採決批判をかわすことができる。

橋下氏から見ると、大阪都構想に一番強力に反対したのは自民党大阪府連であり、自民は大阪改革を潰し、自身を引退に追い込んだ敵だったはずだ。

政界引退を表明しながら、維新分裂のリスクまで犯して安保法制で自民党政権に“塩を送る”行動には大きな疑問符がつく。

自民党内には4者会談の中身について、「安倍政権が前向きなカジノ構想の有力候補地は菅官房長官の地元の横浜と橋下の大阪。

菅さんは大阪にカジノをつくると手形を切って説得したようだ」といった密約説まで流れている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA