日本も本格的にカジノ導入!?

カジノ本格導入

今年になって、政界でカジノに関して動きが!

発端になったのは、あの大阪市長の橋下の1月15日の阿部総理との会談。
更に、1月30日には、楽天の三木谷社長が日本のカジノ構想を提案。
1月31日には、橋下大阪市長、松井大阪知事を含む視察団が6月にラスベガスを視察とのニュースがありました。

その間にも、1月28日には、日本維新の会がカジノ法案を通常国会に提出するというニュースが飛び込み、カジノ関連株が軒並み上昇しました。

一連の動きを記事を抜粋、要約してみました。

・1月15日 橋下大阪市長と阿部総理との会談内容
カジノを含めた統合型リゾートを大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」(大阪市此花区)に誘致する提案書を渡した。

会談後、橋下氏は「思いっきり強く求めました。カジノっていうのは雇用も生まれるし、間違いなく経済は活性化する。国際的な観光地になる。安倍首相ならできると思う」と期待感を表明した。

既に府市は、来年度予算案に誘致の調査費用を計上する方針を決めた。大型リゾート施設を、大阪の成長戦略の起爆剤にしようという考えの橋下氏に対し、安倍氏も「日本が東京1つのエンジンで進んでいくのは厳しい時代。2つめのエンジンをしっかり再生してほしい」と、橋下氏の大阪再生の手腕に期待。経済成長を促すため、規制緩和へ取り組む意向も見せた。
2013年1月12日 日刊スポーツ

 

・1月28日 日本維新の会、今日にもカジノ法案を国会提出か!?
日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は26日、カジノを含む統合型リゾートを大阪などに誘致するため、カジノを合法化する法案を28日召集の通常国会に提出する考えを明らかにした。大阪府・市も13年度予算案に、誘致に向けた調査費を計上する方針。橋下氏は「大阪で取りにいく」と話し、誘致を本格化させる姿勢を強調した。
2013年1月26日 毎日jp

 

・1月28日 カジノ法案提出で「カジノ関連株」が高騰!
日本維新の会の橋下徹共同代表が、カジノを合法化する法案を国会に提出するとの考えを26日に示したことで、関連銘柄探しがはじまっている。
2013年1月28日 SEARCHINA
(現在リンク切れ)

 

・1月30日 楽天三木谷社長が日本のカジノ構想を提案
安倍政権が掲げる経済政策の「成長戦略」に向けた政策提言を担う「産業競争力会議」の第1回会合(2013年1月23日開催)で、委員の一人である楽天の三木谷浩史社長がカジノの開設と風営法の緩和を提案した。

三木谷氏が提出した資料「Japan Again」によると、日本の経済成長に必要な「ブランド力(超過収益力)」を高めるためには、「海外マネーを引き寄せるサービス・コンテンツ作り」が欠かせず、その手段の一つとして「大都市の娯楽的魅力の向上」を提案している。
2013年1月29日 JCAST

 

・1月31日 橋下大阪市長ら 6月にラスベガスを視察予定
大阪市の橋下徹市長と、大阪府の松井一郎知事が6月上旬に渡米し、サンフランシスコやニューヨークなどを訪問することが、30日までに分かった。両氏は、大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」などにカジノを含むリゾート施設を誘致するため、海外のカジノ資本と話し合いを進めており、ラスベガス視察も検討しているという。
2013年1月30日 ZAKZAK
(現在リンク切れ)

日本もいよいよ本格的なカジノができそうですね。
カジノができたら、べガスや香港に行かなくても済みます!

※このブログはGoogle Bloggerで以前にアップしていた記事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA