オンラインカジノの3つの注意点

オンラインカジノ

オンラインカジノ注意点

オンラインカジノを楽しむ上で注意しておきたい点があります。

1つは、
オンラインカジノを運営する企業が国(政府)の認可を受けているかです。

本来、オンラインカジノ運営会社は、どこかの国(政府)の認可を受け
運営しなければならないことになっています。

例えば、”32Red casino”があります。
”32Red casino”は、英国の海外自治領であるジブラルタル政府によって認可されています。
参考:32Red Casino data

 

注意しておく2つ目は、
外部監査機関を明記しているかどうかです。

外部監査機関には、
・eCOGRA
・Technical Systems Testing (TST) 社
等があります。

外部監査機関の役割は、
オンラインカジノサイトとオンラインポーカールームサイトのオンラインゲーミングサイトが
信頼できる業務を遂行し、また公正かつ安全なゲーミングを提供しているかを監視し、
不正からプレイヤーを保護することを目的としています。

第三者である外部監査機関における認証には、会計会社による監査があります。
NPO団体で組織され、公平性、正確性など厳しい審査に通ったものだけに証明がなされます。

悪質なカジノに審査が通ることはありませんが、現在では独自に会社を作り上げ、
その認証を掲げている場合があり、認証があるだけでは信頼性が高いとはいえません。

 

3つ目は、
ソフトウェアです。ソフトウェアの会社の代表的な5社は

・マイクロゲーミングソフト(Microgaming)
・プレイテックソフト(Playtech)  
・グランドバーチャルソフト(Grand Virtual)
・クリプトロジックソフト(CryptoLogic)
・ランダムロジック (Random Logic)

等があります。

ソフトウェアの重要性は、画像がキレイとかいう問題ではなく、
RNG=Random Number Generator(乱数発生プログラム)という、
プロテクトで常に公平な結果が出るように検査されるようになっているかどうかです。

上記のソフトウェアの会社では厳密にRNGがプログラムされています。

以上、オンラインカジノでの注意点を紹介しました。

 

オンラインカジノで楽しむためにも
◎ 政府認可
◎ 外部監査機関
◎ ソフトウェア
この3点を確認した上で、オンラインカジノを楽しんで下さい。

 

※このブログはGoogle Bloggerで以前にアップしていた記事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA