オンラインカジノの種類

スポーツベッティング

スポーツベッティングとは?

オンラインカジノは大きく分けると2つにわけることができます。

一つは、
ポーカー・ルーレットなどがあるオンラインカジノ
これは、ベガスみたいな感じのオンラインカジノです。

もう一つは、
”スポーツベッティング”といわれるものです。

今回は、日本であまり知られていないスポーツベッテイングに関して、
少し、お話してみようと思います。

まずは、スポーツベッティングの起源についてです。

スポーツベッテイングは、18世紀末にイギリスのニューマーケット競馬場で、
オグデンが始めたとされています。

その後、紆余曲折を経て今のスポーツベッティングが誕生したとのことです。

スポーツベッティングを運営するところを、ブックメーカーといいます。

”ブックメーカー”とは、
言い方があまり良くありませんが、平たく言えば「胴元・元締め」みたいなところです。
日本の宝くじで言うと「みずほ銀行?」みたいなところです。

ここでご紹介している “William Hill” もブックメーカーの一つです。

ついでに “William Hill” を少し紹介しておきます。

William Hill” は、イギリスでは有名なブックメーカーのひとつです。
2300を超える実店舗を持ち、従業員数15000人を有する企業で、
2002年には、ロンドン証券取引所に上場した企業でもあります。

話を戻しますね。

スポーツベッテイングは、当初競馬からスタートして、
あらゆるスポーツを対象として賭けが行われるようになってきました。
今では、政治経済にまでもが、ベットの対象となっています。

また、スポーツベッテイングとカジノの違いは、賭け方(Bet)の違いです。

スポーツベッテイングの場合、オッズというのがあります。
オッズとは、ブックメーカーが試合毎や試合の進行状況毎に提示するものです。
オッズも試合の推移で変わってきます。

ブックメーカーは、「多くのデーター」・「試合を分析」を駆使しオッズを提示してきます。多くのデーター・分析を駆使したとしても、生身の人間が行うのがスポーツです。
ですので、100%の確立はありません。
これもスポーツベッティングの面白いところです。

さらに、スポーツベッティングの面白いところが、オッズです。

オッズの賭け方(後日紹介します)もですが、ある時点で提示されたオッズに賭けると、
そのオッズは、最後まで有効であるということです。

例えば、
試合の始まる前、オッズが ”2.5” で賭けたとします。
その後、試合が始まりオッズが下がり、 ”1.5” になったとしても、
そのままのオッズ ”2.5” での配当が得られるということです。

本当に面白いスポーツベッティングをあなたものぞいてみませんか?

 

※このブログはGoogle Bloggerで以前にアップしていた記事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA